光殺菌治療

光殺菌治療とは?

感染部分に光感受性物質を注入し、
光を照射することで殺菌する安全な治療法です。

 

医科では早期がんの治療法として

医科では1990年ごろから光やレーザーを用いて肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して治療行う光力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)という治療法があります。

 

歯科では殺菌治療法として

歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法として光殺菌治療が急速に普及しています。 光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する画期的な治療法です。

早期がんの治療法として

光殺菌治療の特徴

耐性菌をつくらない

抗生物質による治療とは異なり、光殺菌治療は耐性菌をつくりません。

耐性菌をつくらない

耐性菌にも効く

光感受性ジェルはあらゆる細菌の細胞壁や細胞膜に浸透します。
そのため、光殺菌治療ではすでに耐性化した細菌も殺菌可能です。

耐性菌にも効く

痛み、副作用がない

光殺菌治療は患部に光感受性ジェルを注入し、LED照射を行うだけで治療中に痛みを伴いません。 また、副作用もありませんので繰り返し治療に利用できます。

痛み、副作用がない

CALL臨床使用機材:デンマークCMSデンタル社 FotoSan630

最先端の光殺菌装置は世界でまだ数社しか販売されていませんが、CALLが臨床で活用しているのは、デンマークのCMSデンタル社のFotoSan630です。

光殺菌装置 FotoSan630

FotoSan
電源
入力 AC100-240V, 50/60Hz
出力 DC5.0V, 1.0A
充電池
充電形式 リン酸鉄リチウム電池
通常電圧 3.2V
通常容量 1,200mA
充電時間 2時間
利用可能時間 約760秒
ダイオード
出力強度 2,000~4,000 mW/cm2
波長 620~640nm(85%)ピーク 630 nm

上顎・下顎・部位を問わず照射できる機能的デザイン。
症状に合わせて選べる3種類の照射プログラム。
LED 照射+バイブレーションですみずみまで殺菌。

Tips

症状に合わせて選べる豊富な先端チップ。

Agent

エンドに適したさらさらのジェル、ペリオに適した中間のジェル、粘膜の殺菌に適したどろどろのジェルの3種類の粘稠度を持つ光感受性ジェル、FotoSanエージェント。

どのように効く?

光感受性ジェルが細菌の細胞壁や細胞膜に特異的に浸透します。

特定の波長の光が照射されると、 光感受性ジェルがエネルギーを受け取り「活性酸素」を大量に発生します。

「活性酸素」が細菌の細胞壁や細胞膜を破壊し、高い殺菌効果を発揮します。

殺菌イメージ

適応症

細菌が引き起こすさまざまな病変の治療に有効です。

 

急性期

通常の治療の上に光殺菌治療を行うと、「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、 個人差はありますが治癒期間の短縮、感染の再発防止に大きく貢献します。

急性期

常に使用

加えて、光殺菌治療は予防にも有効です。ペリオやインプラントの定期健診、矯正治療のメンテナンスの際に予防的治療としても効果を示します。

常に使用

※その他、カリエス、歯冠周囲炎、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、真菌など

オペ動画

エンド

イタリアのDr. Cristiano Boggianによる光殺菌装置の紹介とエンド症例です。光殺菌は最新の抗菌治療です。素早く、効果的で副作用がありません。あらゆる口腔内の感染、ペリオ、インプラント周囲炎、エンドに最重要アイテムとして活用できます。

エンド

ローマのSapienza 大学のGianluca Gambarini教授とDr.Gianluca Plotiniによる光殺菌のライトが根管内でどう伝わるかを示すビデオです。青色の光感受性ジェルの充填の仕方、そのあとの赤色LEDによる活性化を見ることができます。活性化により根管内の細菌が死滅します。この手法は光殺菌と呼ばれ、歯科においてすごく効果的な感染コントロールです。この手法はエンドやペリオで用いられます。

ペリオ

歯周ポケットに注入した光感受性物質が細菌の細胞壁や細胞膜に特異的に浸透します。LEDライトの照射により発生した活性酸素が細菌の細胞膜や細胞壁を選択的に破壊。

論文

Title Journal Impact Factor 2010
FotoSanを用いた論文
Endodontic photoactivated disinfection using a conventional light source: an in vitro and ex vivo study
抜歯した歯にFotoSanを30秒照射。光感受性物質との併用で殺菌に高い効果があった。
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod
2010;109:634-641
1.417
Evaluation of Photodynamic Therapy Using a Light-emitting Diode Lamp against Enterococcus faecalis in Extracted Human Teeth
耐性菌を持つ根管30本に光殺菌治療。完全に耐性菌が死滅した。
J Endod 2011;37:856–859 3.291
In vitro evaluation of the cytotoxicity of FotoSan™ light-activated disinfection on human fibroblasts
光照射の前後いずれでも光感受性物質の細胞毒性は通常の歯内洗浄液と同等で、通常の薬液同様臨床に用いることができる。
Med Sci Monit. 2011 Feb 25;17(3):MT21-5. 1.54
同様の光殺菌機器を用いた論文
Endodontic Photodynamic Therapy Ex Vivo
複数の患者にメチレンブルーを塗布し、665nmのLEDを照射。光殺菌の効果を得られた。
J Endod 2011;37:217–222 3.291
Photodynamic Therapy Associated with Conventional Endodontic Treatment in Patients with Antibiotic-resistant Microflora:
A Preliminary Report
複数の患者で従来治療と従来治療+光殺菌で効果を比較。従来治療+光殺菌で耐性菌に対する高い殺菌効果が得られた。
J Endod 2010;36:1463–1466 3.291
Periimplantitis Lethal photosensitization for decontamination of implant surfaces in the treatment of peri-implantitis
インプラント周囲炎の患者15人のインプラントを光殺菌。3種の菌に対して高い殺菌効果が得られた。
Clin. Oral Impl. Res. 12, 2001; 104–108 2.812
Lethal photosensitization and guided bone regeneration in treatment of peri-implantitis: an experimental study in dogs
犬に4種の表面性状各10本のインプラントを埋入し、デブライドメントとGBRの後、光殺菌。表面性状にかかわらずRe-osseointegrationに有効。
Clin. Oral Impl. Res. 17, 2006 / 273–281 2.812
Periodontitis In Vivo Killing of Porphyromonas gingivalis by Toluidine Blue-Mediated Photosensitization in an Animal Model
ラットの上顎臼歯にジンジバリス菌を摂取の後、光殺菌。細菌は死滅、歯周組織に悪影響はなかった。
ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY,
Mar. 2003, p. 932–940, Vol 47, 3
4.672
Efficacy of Photodynamic Therapy on Inflammatory Signs and Two Selected Periodontopathogenic Species in a Beagle Dog Model
ビーグル犬に細菌感染させ、術前術後にPCRで細菌数を計測。光殺菌によって炎症や出血が抑えられ、Pg菌が大幅に減少した。
J Periodontol 2005;76:1100-1105 2.479
Microbiological evaluation of photo-activated disinfection in endodontics (An in vivo study)
従来治療+光殺菌後にサンプル採取し、30分間嫌気性培養を行い観察。光殺菌の効果を確認。
BRITISH DENTAL JOURNAL VOLUME 200 NO. 6
MAR 25 2006
1.06
Advanced Noninvasive Light-activate Disinfection: Assessment of Cytotoxicity on Fibroblast Versus Antimicrobial Activity
Against Enterococcus faecalis
光殺菌と次亜塩素酸ナトリウムの繊維芽細胞に対する細胞毒性を比較。光殺菌は格段に細胞毒性が低いことが確認された。
J Endod 2007;33:599–602 3.291
Treatment of oral candidiasis with methylene blue–mediated photodynamic therapy in an immunodeficient murine model
免疫不全マウス75匹にカンジタを発症させ、濃度の異なる光感受性物質で光殺菌を行う。高濃度でカンジタを完全に殺菌できた。
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod
2002; 93: 155-60
1.417
光殺菌のレビュー
Photodynamic therapy: a new antimicrobial approach to infectious disease?
今後光殺菌は人体のさまざまな症状に用いられるようになってくる。
Photochem. Photobiol. Sci., 2004, 2, 436-450 2.378
Photodynamic Therapy of Microbial Infections: State of the Art and Perspectives
光殺菌の中でも、赤色光と光感受性物質との組み合わせがさまざまな効果がある。
Journal of Environmental Pathology, Toxicology,
and Oncology, 25(1–2)505–519 (2006)
1.107
Photodynamic Therapy in Dentistry
歯科への適用が急速に進んでいる光線力学的治療法(PDT:Photodynamic therapy)は、口腔癌の診断にはPDD(Photodynamic diagnosis )、殺菌にはPACT(Photodynamic antimicrobial chemotherapy)として用いられる。特にPACTは歯科領域に有効であり、今後は選択的な光感受性を持つ物質の研究に向かっている。
J Dent Res 86(8): 694-707, 2007 3.773
Anti-microbial photodynamic therapy: useful in the future?
MRSAによる皮膚病に対する治療法として、歯周病に対する治療法として、光殺菌を紹介。
Lasers Med Sci (2007) 22: 83–91 2.311

※アブストラクト等はCMS社HPに掲載。

 
ページの先頭へ